-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-17 12:15 | カテゴリ:アレルギーのこととか。
もしかして入園式後、園側から先日の打ち合わせをしてから園で決めた息子の給食の方向性の話があるかもしれない・・・などと淡い期待もあり、まったくなく人がいなくなるまでしばらく残っていたのですが、最後になっても話しかけられることはなく、結局そのまま仕事に戻りました。
そして、自宅に帰ってからあらためて給食の献立表をながめると・・・。
なんと!!給食は乳と卵のオンパレード!
10時と3時のおやつも8割洋菓子。
そしてかなりな割合でならぶ牛乳の文字。

普通なのかもしれないけれど、毎日グラタンやらシチューやら親子丼なんか目玉焼きとかどーするわけ!?あとビスケット、ケーキ、クッキー、マドレーヌってこれも代替は何になるんですか!?
今になれば、疑問に思った食品全部は乳卵抜きでも全然作れるのですが、その頃アレッ子母として未熟だった私は頭をひねるばかり。
園側から明確な対処法をしめされているわけでもなく、保育園になぜもっと突っ込んで何度も打ち合わせにいかなかったのかと入園式終了後にやっと気づきました。

誤食とかどうやって防ぐんだろ・・・。給食はまさか息子だけ隔離されるのか?どうやって給食食べるんだろうか・・・。普通はみんなで輪になってたべるよね。
何か書いていないかともう一度入園案内のパンフレットをすみずみまで読むと、給食のことは持ち物ぐらいしか書いてませんでしたが、最後のページに「お子さんが保育時間内にご自宅に帰宅してしまいましたら、発見次第ご連絡下さい。」と書いてあるのを見つけました。
今まで園生活の持ち物や、給食袋の作り方ばかり見ていて見落としていた一文でした。


えーーー!!!子供ひとりで帰っちゃうこともありえるってちゃんと見てないの!?
そんな帰宅も勝手にしてしまうくらい目が行き届いていないなら、息子の管理などできないのではないだろうか。
そう考えると、もうX保育園に息子を通わせることはできないと思いました。
ただ、それをどうやって保育園にもう一度はなしたらいいのか・・・。




入園式の翌日から息子は発熱していることになりました。
朝に重い気持ちで「えっと・・・熱でまして・・・」と電話。
そのまま会社に息子と出勤して「どうしたの?」と言われるけれど、「熱っぽいので園はお休みしました。」と言っていました。
何日もそうやってごまかすわけにいかず、困ったときの頼りの叔母に相談。
すると、「認可保育園で社会福祉法人の保育園とはいっても市の福祉課が管轄なはずなんだし、給食調理の指導も市がしているはずだから、市役所の福祉課に聞きなさい。」教えてくれました。
それもそうだ!とすぐに電話。
何箇所かの課に電話が回された後、保育園の指導を担当している栄養士の方につながりました。
今までの経緯を話し、市ではアレルギー児童の対処指導はどのようになっているのか不安なので教えてほしいと言いました。

すると、前置きとしてまず私が理解していなかった根本的な事をいわれました。
認可保育園であっても、市立と私立(社会福祉法人)があるということ。だから栄養指導はしているが、私立に対しては明確な統括管理はできないこと。
これは叔母からも言われていて、「あなたの行かせようとしていた保育園は私立でしょ?」と何度もきかれていたのですが、「え?認可だよ?」と答えていました。
そもそもの制度が理解できてなかった。
ようやく理解して、それでも栄養指導は入っているということなので、更に話を聞くと、結局は「除去」ぐらいの指導しかできず、代替栄養の指導は一応するが、実施できているかどうかは把握できないということと、その「除去方法」もそれぞれで違い、たとえばおでんにゆで卵を入れるとして、「ゆで卵をおでんのスープで煮込む前にとりわけする」か、「ゆで卵も一緒に煮込んでしまい、配膳する直前にゆで卵のみを取り除く」という方法もあるわけで、どちらかというと配膳する直前に取り除く方法をとっている場合が多いのではないだろうかといわれました。
詳しくは現場を見学して聞いたほうがよいのではないかと言ってもらい、近くの市立保育園で給食のアレルギー対策の話を聞かせてもらえることになりました。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://food365.blog36.fc2.com/tb.php/27-668ccc4d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。